So-net無料ブログ作成
検索選択

ゴースト~天国からのささやき~ [DVD・CD]

海外のテレビドラマが日本でも人気で、いくつもの
作品が人気になっていますね。
「SEX&CITY]や、「24」なんかが特に人気でしたが、
個人的には、ジェニファー・ラブ・ヒューイット主演の
ゴースト~天国からのささやき~」が面白かったです。

ジェニファー・ラブ・ヒューイット演じるメリンダが、
死んだ人間と話せるという特殊能力を駆使して、
様々な霊を救っていくのですが、これがなかなか泣ける話が
多くて、超能力ものというくくりで見ると、
ヒューマニズム溢れる物語には、ついつい戸惑うと同時に、
涙腺が緩んでしまいます。

こういう所は、さすがに一流のドラマであるなと思いますが、
ハリウッド一のスウィートハートとしても知られている
ジェニファー・ラブ・ヒューイットがプロデューサ―として
参加している作品だけに、彼女の人柄がそのまま作品にも表れているようです。
現在ではシーズン5まで制作されていますが、作品としては、
そのシーズン5が最後のシリーズということです。

割とドライで超常的な事には関心が薄そうなアメリカですが、
この作品は、アメリカでも大ヒットをして、1000万人近い視聴者が
いたと言われていますから、テレビドラマの中でも大ヒットした作品ですね。
DVDBOXも販売されているので、BOXセットを買って、
一気に見直すのもいいかもしれません。

ホームアローン [DVD・CD]

最近、ジョン・ヒューズの映画をよく見ているんですが、
80年代から90年代にかけて若者たちの姿を描いた優れた青春映画を
いくつも制作していただけに、今見ても面白いものが多くて
はまっています。
「フェリスはある朝突然に」や、「ブレック・ファストクラブ」等が、
DVD化されて販売されていますが、どちらも当時のアメリカ
若者を描いた作品として、今でも映画通の間では人気ですね。

さらに、ジョン・ヒューズというと、あの「ホーム・アローン」を
手がけたことでも有名で、本当に優れたコメディを何本も
制作していました。
今でもクリスマスになるとテレビで放送される「ホームアローン」ですが、
マコ―レ―・カルキンの天才的な演技と、練りに
練ったシナリオには、
大人であっても十分に楽しめる娯楽大作になっていますね。

最近だと、マコ―レー・カルキンは、俳優の本業よりも、
プライベートでの問題や、その変貌ぶりばかりがもてはやされて、
どうしても役者としてのキャリアを棒に振ってしまった感がありますが、
「ホームアローン」で見せたお茶目で賢い子供の役は、
まさにハマり役でしたね。

この作品で子役としてマコ―レ―・カルキンを大成させたジョン・ヒューズも
本当に優れた観察眼を持っているものだと思いますが、一連の青春映画を
見てもわかるように、本当に人を見る力のある人だったようです。

レット・イット・ビ― [DVD・CD]

ビートルズの映像で印象に残っているものと言えば、
ビートルズが経営していたアップル社の屋上で行われたルーフトップコンサート
映像ですね。

これは、ライブ活動は一切行わないと宣言していたビートルズが、
突然、ビルの上に現れて演奏を始めて、ロンドン中の人を驚かせたのですが、
映画「レット・イット・ビ―」のラストを飾るシーンの為に、
撮影していたのがこのライブであったようです。

ビートルズ最後のライブということで、今でもそのライブは語り継がれていますが、
ロンドンのビジネス街で突然始まった大音量の演奏に、
次々と上を見上げる人々や、演奏をやめさせるために屋上に上ってきた
警官たちの姿が、同時に収録されています。

この演奏はDVD「レット・イット・ビー」に収録されていますが、
当時のリンゴ・スターが語るところによると、警察の姿が見えたので、
警察に止められるのにもかまわずドラムをたたいて、逮捕さえる姿を
撮りたかったとの事らしいのですが、さすがに警察も
目の前でビートルズが生演奏しているということで、予定曲が終わるまで手が出せずに、
じっとその演奏を聞きいる姿が納められています。

今考えても、凄い企画を行ったものだと思いますが、
すでに空中分解寸前であったビートルズの最後のライブということで、
これは、本当に貴重なものですね。
カラ―で残されているビートルズのライブは、
この映像だけだと思いますが、しっかりと映像で残っていて、
今でもDVDのがで見直せるのがうれしいです。

ブルー・ワイルド・エンジェル~ワイト島のジミ・ヘンドリックス [DVD・CD]

先日、ジミ・ヘンドリクスのストックホルムで行われた
幻の映像がYOUTUBEにアップされて、話題になりました。
今なお、世界一のギタリストの名を欲しいままにしている
ジミ・へドリクスですが、さすがに幻の映像と言うと、
これは、ファンならずともギター好きには必見のものですね。
活動期間が短かっただけに、残されている映像は少なく、
今発表されているものは、そのどれもが貴重なものばかりで、
何度見ても、その圧倒的なプレイにノックアウトされます。

個人的には、ジミ・ヘンドリクスが死ぬ間際に出演した
70年のワイト島のステージを収めた「ブルー・ワイルドエンジェル
~ワイト島のジミ・ヘンドリックス」が印象深いですね。
このライブでは、フェスティバルということでトラブルが多く、
音響がうまく返ってこなかったり、無線の音がアンプに混線してしまったりと
見ていて不具合が多かったですが、しかし、それにも負けず、
激しくも熱いジミ・ヘンドリクスのプレイは流石の一言です。

イギリス国家から始まって、ビートルズのサージェント・ペパー・ロンリ―・ハ―ツクラブへと
続くのですが、ジミ・ヘンドリクスならではの強烈なギタープレイで奏でられる姿は、
まさに伝説ですね。

レッド・ツェッぺリン 祭典の日 [DVD・CD]

今年、レッドツェッぺリンのFACEBOOKに
突然、カウントダウンが表示され、世界中の人が
それが一体、何を意味しているのかわからずに、
大きな謎に包まれました。
数字と共に、短い映像が公開されていましたが、
かなりのツェッぺリンファンであっても、
その意図が読めずに、世界中で大きな動揺が起きていましたね。

そして、世界中が見守る中、カウントダウンが終わると、
なんと、2007年にロンドンのO2アリーナで行われた
再結成ライブの模様を収録したライブCD+DVDの「祭典の日」が
発売されるという事が発表されたのでした。

さすがにこの発表には世界中が驚きましたが、
貴重なツェッぺリンの再結成ライブが映像+音源として
残されるというのは、実にありがたいことです。
80年にドラマ―のジョン・ボーナムが亡くなって、
解散を余儀なくされたツェッぺリンですが、30年以上経ってからの
再結成には、涙したファンが多かったですね。
これは、本当に貴重なDVD,CDですが、
こうした事をカウントダウンと共に行って、ファンの興味を惹きつけると言うのは、
さすがツェッぺリンです。
ただ、再結成のツアーは行われないと言われているので、
それは残念な気がしますが、現在に甦った伝説のバンドの姿に
このDVDで酔いしれたいものです。

石原都知事辞職と、次の都知事 [時事ニュース]

石原都知事が、都知事の職を辞して、
新党を立ち上げて、国政の方に関与していくということで、
連日、大きく報道されていますが、80歳という高齢で、
再度、国政にチャレンジということで、本当に賛否両論あるようです。

もう80歳なので、そろそろ引退をした方がいいんじゃないかとも
思いますが、俺がやらなきゃ誰がやると言うような感じで、
随分と張り切っていますね。

メリカの新聞では、石原グランパが国政進出と、
若干、皮肉を交えて紹介されていましたが、
元首相の中曽根さんのように、ある程度の年齢が来たら、
すぐに辞職するような方が、潔くて良い感じがしますがが、
まだまだ、石原閣下は、頑張るようです。

また、石原さんが辞職した後の都知事の座も誰になるにか、
そちらの方も注目を集めています。
12月に都知事選が行われるとうことで、誰が次の知事になるのでしょうか。

一番の最有力候補は、副知事の猪瀬直樹さんであると言われていますが、
宮崎県知事の東国原英夫さんも、立候補するのではないかとも
言われていて、こちらの方も、熱い戦いが展開されそうです。
また、毎度おなじみのマック赤坂さんも、都知事選に立候補するとのことで、
違った意味で、こちらの方も要注目ですね。

一年の体型のサイクル [日記]

夏場に少し痩せたんですが、最近は、また以前の体型に戻ってきてしまいました。
毎年、暑い夏は汗も沢山かくからなのか、すぐに体重が減って痩せるんですが、
夏も過ぎて、涼しく成り始めたころから、また体重が戻ってきて、
冬には、それ以上に太るというサイクルを繰り返しています。
どうも今年も、例年にたがわず、そのサイクルに入っているようです。

なので、毎年、少しずつ体重が増えて行ってますが、
こうして、年をとるごとに、太っていってしまうのかもしれませんね。
子供の頃なんかは、太った中年の男性を見て、どうして大人になると
あんなに太るのかなと思っていましたが、一年、年をとるごとに、
その理由がわかるような気がします。

やはり、こうなる前にしっかりと運動をして、シェイプアップ
務めるべきでした。つい、忙しさにかまけて、
それを怠っていたのが、大きな間違いでしたが、
やはり、年をとるとともに、年々太っていくよりは、
いくつになっても、すらっとスマートな体型を維持しておきたいものですが、
このままでは、それも遠い夢となりそうで、
何かしら対策を取らなければいけないと思っています。

ひとまず、毎日走ろうかと思っていますが、無理しない程度に、
ゆっくりと体を絞っていこうと思います。

2回の結婚式 [日記]

今年は、なぜか友人の結婚が多くて、
12月と1月に連続で結婚式に出なくてはなりません。
結婚式が行われるところが、どちらも遠い所なので、
今から、お金を貯めておかなければいけないんですが、
結婚式というものは、やる方も大変ですが、
参加する方も大変ですね。

わざわざ時間を割いて、遠くまで行って参加する事もありますし、
お金もそれなりにかかったりと、かなり大変だなと、
つい思ってしまいます。
とは言っても、どちらも仲の良い友人のものなので、
行かないわけにはいかないので、しっかりと参加してこようと
思いますが、準備の方も、今から、色々と大変なようです。

先日届いた招待状にも、披露宴で出てくる食事のアレルギー
ことまで書く欄があったりして、最近の結婚式というものは、
そこまで、気をくばっているものなのかと、関心してしまいました。

少しでも、参加者の負担を減らそうという配慮だと思いますが、
こうした細かいことまで、しっかりと気をつけていける結婚式は、
きっと、素晴らしいものになるだろうなという事がわかりますね。

12月に参加する結婚式の方は、新郎と久しぶりに会うので、
久しぶりの再会も楽しみですが、どんな結婚式になるのか、
今から、楽しみです。

すっかり秋に [日記]

すっかり、秋らしい日が多くなってきましたが、
晴れた日には、気持ちのいい風が吹いたりして、
良い季節ですね。
暑い夏もいいですが、涼しくて過ごしやすい秋も
良いものですね。
木々もだんだん色づいてくるのがわかったりして、
風情がありますが、読書の秋、芸術の秋、食欲の秋ということで、
食べ物がおいしくなったり、いろいろと知識を吸収したりするには、
一番、良い季節です。

今年は、その中でも、何をしようか悩むところですが、
読みかけの本や、読みたい本がたくさんあるので、
是非、それらを片づけたいですね。

そうして、本に夢中になっている間に、すぐに寒い冬になってしまうと
思いますが、何だか物悲しいかんじもする秋というものを
今のうちに良く感じておこうと思います。

昼間のうちは、まだ温かい日が多いですが、
朝晩は、本当に寒くなってきましたね。
そのうちに、風が吹くと、物凄く寒く感じるようになって
冬を感じる日が増えてくると思いますが、
そうなると、もう年末ですね。

いつも冬だと思うと、すぐにお正月で、今年も
終わってしまい、一年も早いものだなと
いつも感じます。

12月は師走といわれるように、忙しい日々になりそうですが、
1日1日をだらだらと過ごさないで、しっかりとやることはやって、
残りの日々も、充実できるように過ごしたいと思います。

ポールマッカ―トニー、ビートルズの解散はオノ・ヨ―コのせいではないと語る [日記]

ビートルズのメンバーのポールマッカ―トニーが、
アルジャジ―ラの衛星放送のインタビューの中で、
「ビートルズの分裂の責任は、ヨ―コ・オノにはない」と
語っている事がわかりました。

ビートルズ解散前から、多くのビートルズファンからは、
ジョン・レノンがオノ・ヨ―コさんと出会ったせいで、
変わってしまい、それがビートルズ解散につながったといわれていて、
オノ・ヨ―コさんが、ビートルズを解散させたと、
長い間、非難されていましたが、今になって当のメンバーである
ポール・マッカ―トニ―から、その真相が語られて、
ようやく公式にビートルズの解散はオノ・ヨ―コさんのせいではなかった
ということがわかりました。

オノ・ヨ―コさんに対しての風当たりは、ジョン・レノンが、
殺されてしまってから、いくらか同情の声もあり、
だいぶ和らいでいたようですが、ビートルズがレコードデビューしてから、
50周年たった今年、その疑惑が完全に晴れたようです。

また、ポール・マッカ―トニ―が語るところによると、
ヨ―コさんが同席するなかでのレコーディングは、
難しかったとのことだそうですが、ヨ―コさんがいなければ、
イマジンのような名曲もできなかったということだそうで、
ヨ―コさんの事は非難すべきではないと語りました。

出来れば、解散後にこれを話してほしかったものですが、
何かと悪者にされやすいオノ・ヨ―コさんだけに、
今回のインタビューで、長い間受け続けていた誤解も
ようやく解けて、ヨ―コさんの名誉も回復したようです。
日々の日記ブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。